海外旅行保険に加入すれば様々なリスクを無くすことができます

海外は日本とは違います

海外旅行は、非常に楽しいイベントの1つです。日本とは違う雰囲気や町並みを歩き、外国の言葉が飛び交う街を歩く。楽しさと不安が入り混じっているのが海外旅行です。しかし、海外旅行は楽しさとともに、危険も伴う旅行なのです。渦巻く不安を振り払う為にも保険の加入を検討しましょう。

海外旅行保険の加入方法を知りたい方はこちらをどうぞ

飛行機

保険加入の方法

海外旅行保険の加入は難しくありません。窓口や販売機、インターネットなどで加入が可能です。そんな海外旅行保険の加入方法や、メリット、そして失敗しない加入方法を紹介しています。

READ MORE

海外旅行のここが怖い!実際に体験した失敗ベスト5

no.1

盗難

海外旅行において最も頻度が多いのが盗難です。日本人は危機意識が低いためかよくターゲットにされやすく、狙われる確率が高いといわれています。少し目を離した隙にカバンを盗まれる事件が多発しています。特にパスポートが盗まれる確率が高いといわれています。

no.2

病気

海外の料理や気候などが体質に合わないというケースは珍しくありません。特に生水を飲んでお腹を壊すという人は多いです。そんな時に困るのが病気です。病気になると外国の病院で治療を受けることになりますが、その時国によってはとんでもない額になるケースも考えられます。

no.3

怪我

病気と同じく怪我もまた多いトラブルです。擦り傷程度ならまだしも、骨折などの場合旅行を中断しなければなりませんし、やはり国によっては莫大な治療費が発生し、日本の倍以上の治療費を請求されることもあります。日本は医療制度が発達していますが、国によってはまだそこまで発達していないというケースもあるのです。

no.4

器物破損

旅行中にうっかり何かを壊してしまった場合、それが安い品物ならお金を支払い買い取ればそれで済む話ですが、もし壊したものが数十万、数百万のクラスだった場合、うっかりでは済まなくなります。高額の賠償金を支払わなければなりません。

no.5

詐欺

都市部でも地方でも起きるのが、詐欺です。例えば、ボッタクリなどはまだ優しい方であり、規模が大きくなればパスポートを盗まれたり大金を騙し取られるといった事態に発展することもあります。だまされないように、現地に詳しい人と一緒に旅をするというのが対策です。

対策方法を知る

上記のような問題は、きちんと対策を練れば回避することは可能です。外国の中にはたしかに日本よりも治安の悪い国が多いです。しかし、住人すべてが犯罪者というわけではありません。住んでいる人の殆どはまっとうに生きている人であり、親切な人は多いのです。ほんの少しの警戒で、外国旅行は素晴らしいものになるのです。

海外旅行で気になる5つの事柄

盗難に遭わないためにはどうすればいいの?

財布や携帯電話などの貴重品は肌身離さず持っていることが大事です。特にパスポートは首から下げて絶対に見せないようにしましょう。カバンに入れてると気づかない内にすられている可能性もあります。ホテルに置くのもセキュリティの高いホテルでない場合は置かないほうが良いでしょう。

危険な場所の特徴ってある?

いわゆるスラム街は一人で出歩くのをおすすめしません。特に夜だと襲われる確率が高くなります。夜のスラム街を歩く場合は集団での移動を推奨します。また、夜中はあまり出歩かないほうが良いです。

被害に遭わない方法ってある?

極力賑やかなところで遊び、貴重品は肌身離さず持ち歩くこと、そして万一に備えて海外旅行保険に加入するのが最善の手段です。万一盗難にあっても保険で盗難被害分のお金は返ってきます。

海外でこれだけはやめておけということはありますか?

生水を飲むことです。日本では飲み水は簡単に手に入りますが、海外ではそうはいきません。具体的に説明するのであれば、水道水が飲める国というのは日本を含めて15カ国しかなく、基本的に飲めばお腹を壊します。海外ではペットボトルのお水を所持し、飲むことをおすすめします。もしくは水道水は一度沸かし、消毒をしてから飲みましょう。

海外旅行保険に入っておいたほうが良い?

はい。基本的に「危険な国だから行かない方が良い」という国以外であれば犯罪に遭遇する確率はかなり低いです。しかし、盗難以外にも怪我や、うっかり物を壊した時の賠償金を考えると、多少お金を払ってでも海外旅行保険に入っておいたほうが安心して旅を楽しめます。おっかなびっくり見回るよりも、安心した気分で旅をしたほうが海外旅行は楽しいですよ。

ファイナンシャルプランナーに家計の相談をしよう
条件に合ったプロが探せる

保険を利用した節税対策をはじめよう
最適な方法をプロが提案してくれる

海外旅行保険を厳選公開☆
サービス内容が充実!

海外旅行保険を徹底比較!
サポート内容が充実してるプランが満載☆

海外旅行を心おきなく楽しむために

説明

海外旅行保険は加入したほうが良い

海外旅行保険は、いわゆる転ばぬ先の杖であり、何かあった時の被害を最小限に抑えることのできる手段です。病気や怪我、犯罪などは理不尽なタイミングで発生することもあり、いつ来るかわからないものです。しかし、海外旅行保険に加入することで、そういったトラブルの被害を未然に防ぐ事ができるのです。

保険は役に立たない方が良い?

加入したはいいけど結局何もトラブルがおきず、「加入しないほうが良かったな」と思う方もいるかもしれません。しかし、それは若干間違っています。保険というのは役に立たないに越したことはないのです。保険が役に立ったときというのは何かトラブルが起きたという証であり、保険が活躍しなかったというのはトラブルなく楽しめたという証拠なのですから。

のびのびとした旅行を

海外旅行で失敗しがちなことは、犯罪を恐れてビクビクし、警戒しすぎることです。上記したように、よほど治安の悪い国に行かなければ犯罪に遭遇する確率はありません。心配性にならないように、海外の文化を楽しみましょう。

治安の良い国へ行く

被害に遭うのが嫌だというのであれば、治安の良い国へ行けばその心配も薄れます。世界には日本よりも治安の良い国はたくさんあります。また、基本的に人通りの多い場所は明るいうちならほぼ安心かつ安全です。

治安の悪い国に行かない

保険に加入しているから大丈夫と、治安の悪い国に行くというのはオススメできません。国によっては内紛状態が続いており、銃声が聞こえたり白昼堂々盗みが起きるケースが非常に多いです。基本的に、外務省のホームページに安全かどうか書かれているのでそれを参考にしましょう。